RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

&Critiques Blog (Arts&Books)

“Arts&Books” で美術鑑賞と読書会をさらに楽しむために
<< 11ヶ月で55作の名著を読む会 第09回 | main | アート・スタディ「ローマ美術」 >>
11ヶ月で55作の名著を読む会 第10回
0
    11ヶ月で55作の名著を読む会(多読会)の第10回5月15日(土)に実施しましょう。
    下記のテキストのうち、少なくとも1作、理想的には4作すべてを読んできてください。

    多読が目的のため、精読の必要はなく、斜め読みでもかまいません。会合も、とくに発表者を立てず、参加者全員の感想を聴きながら歓談するかたち。
    全11回に参加必須というわけではなく、参加したい回だけに参加でもかまいません。

    【 日にち 】 5月15日(土)
    【 集 合 】 17:15に新浦安駅の改札前へ変更(今回に限り飛び入り不可)
    【 流 れ 】 集合 → 多読会(18:00〜20:30頃)→ 夕食 or 解散

    残すところ、あと2回!
    今回のテキストは下記のとおり。
    ◎ ヘミングウェイ「日はまた昇る」(新潮文庫ほか)
    ◎ トルストイ「アンナ・カレーニナ」(新潮文庫(全3巻)ほか)
    ○ ミッチェル「風と共に去りぬ」(新潮文庫(全5巻)ほか)
    ○ 金井美恵子「愛の生活」(講談社文芸文庫ほか)
    今回はゴールデンウィークをつかうなどして大長編に挑戦してみましょう。トルストイとミッチェルはどちらかを読めればいいぐらいの気持ちで大丈夫です。
    金井美恵子は短編「愛の生活」(約50頁)のみでもOK、講談社文芸文庫に収録の他作品も読めるとさらによし。

    第03回〜第09回の会合の進めかたは下記のとおり。
    「クロスレビュー」→「1作目のあらすじ」→「1作目について歓談」→「2作目のあらすじ」→……→「4〜5作目について歓談」→「次回のための連絡」
    5点満点で採点するインスタント・クロスレビューを参考にして、各作品について歓談するのが軸。同じ作品について「2」の人もいれば「5」の人もいて盛り上がります。

    全11回のテキストは、こちらのExcelファイルを参照(随時更新)。

    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
    新入生・二年生以上・他大生・院生・社会人etc.、どなたでも歓迎します。


    日はまた昇る    アンナ・カレーニナ    風と共に去りぬ
    | 多読会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://c.artsbooks.jp/trackback/1368666