RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

&Critiques Blog (Arts&Books)

“Arts&Books” で美術鑑賞と読書会をさらに楽しむために
<< 美術研究会「ルネサンス」 | main | アート・スタディ「印象派」 >>
11ヶ月で55作の名著を読む会 第07回
0
    11ヶ月で55作の名著を読む会(多読会)の第07回2月7日(日)に実施。
    下記のテキストのうち、理想的には4作すべて、標準で必読3作(◎)を読んできてください。参加条件は1作以上の読了(今回は内田百けんが最短)。

    多読が目的のため、精読の必要はなく、浅い読みでも斜め読みでもかまいません。会合も、とくに発表者を立てず、参加者全員の感想を聴きながら歓談する形式をとります。
    全11回に参加必須というわけではなく、参加したい回だけに参加でもかまいません。

    【 日にち 】 2月7日(日)
    【 集 合 】 16:15に高田馬場駅BIGBOX前
    【 場 所 】 高田馬場周辺の喫茶店など(参加多数の場合は会議室)

    今回は、アメリカ文学第1位の「白鯨」、世界文学第1位の「百年の孤独」、現代日本文学最上級の古井由吉と、後半の目玉(順位は『考える人』)。今回だけの参加もお気軽に。
    なお、1月は読み残した作品を読むためのお休みになります。次回はお休み中に読んだ本についても話しましょう。

    今回のテーマは、「大いなるもの」
    ただし、テーマは便宜的なもので、これについて歓談・議論するわけではありません。
    今回のテキストは下記のとおり。
    ◎ メルヴィル「白鯨」(岩波文庫ほか)
    ◎ ガルシア=マルケス「百年の孤独」(新潮社)
    ◎ 古井由吉「杳子」(新潮文庫ほか)
    ○ 内田百痢嵬重咫廖粉簀畔幻砲曚、掌編1作ではなく掌編集全18作)
    第03回〜第06回の会合の進めかたは下記のとおり。
    「クロスレビュー」→「1作目のあらすじ」→「1作目について歓談」→「2作目のあらすじ」→……→「5作目について歓談」→「次回のための連絡」
    5点満点で採点するインスタント・クロスレビューを参考にして、各作品について歓談するのが軸。同じ作品について「2」の人もいれば「5」の人もいて盛り上がります。

    全11回のテキストは、こちらのExcelファイルを参照(随時更新)。

    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
    一年生・二年生以上・他大生・院生・社会人etc.、どなたでも歓迎します。


    白鯨    百年の孤独    杳子
    | 多読会 | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://c.artsbooks.jp/trackback/1327433