RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

&Critiques Blog (Arts&Books)

“Arts&Books” で美術鑑賞と読書会をさらに楽しむために
<< 美術研究会 『絵画を読む』後半 | main | 11ヶ月で55作の名著を読む会 第03回 >>
11ヶ月で55作の名著を読む会 第02回
0
    「11ヶ月で55作の名著を読む会」(多読会)の第02回は、7月26日(日)に実施しましょう。
    下記のテキストのうち、理想的には5作すべて、標準で必読3作(◎)を読んできてください。参加の最低条件は必読1作を読むこと。
    多読が目的のため、精読する必要はなく、浅い読みでも斜め読みでもかまいません。会合も、とくに発表者を立てず、参加者全員の簡単な感想を聴きながら歓談する形式になります。
    全11回のすべてに参加必須というわけではなく、参加したい回だけに参加でもかまいません。

    【 日にち 】 7月26日(日)
    【 集 合 】 16:15に高田馬場駅BIGBOX前
    【 場 所 】 高田馬場駅周辺の喫茶店など(参加多数の場合は会議室)

    今回のテキスト(Arts&Books文学選集第02巻の構成)は下記のとおり。
    ◎ 旧約聖書「創世記」新約聖書「福音書」(岩波文庫ほか)
    ◎ スタンダール「赤と黒」(新潮文庫ほか)
    ◎ 柄谷行人「日本近代文学の起源」(岩波現代文庫(定本)ほか)
    ○ コーラン(岩波文庫ほか、箇所は自由に)
    ○ ホーソーン「緋文字」(岩波文庫ほか)
    柄谷は講談社文芸文庫(原本・全6章)よりも岩波現代文庫(定本・全7章)が最新版でオススメ。

    今回のテーマ(Arts&Books文学選集第02巻のテーマ)は「信念」
    ただし、このテーマは便宜的なもので、それについて歓談・議論するということではありません。

    第01回の会合は下記の通りに進めました。
    「まとめて簡単な感想」 → 「1作目のあらすじ確認」 → 「1作目について歓談」 → 「2作目のあらすじ確認」 → …… → 「5作目について歓談」 → 「次回のための連絡など」

    全11回のテキスト=全11巻の文学選集の構成は、こちらのExcelファイルを参照(随時更新)。
    第01回〜第06回のテキストは、こちらのPDFファイルを参照(文庫・翻訳のオススメつき)。

    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
    新入生・二年生以上・他大生・院生・社会人etc.、どなたでも歓迎します。


    旧約聖書「創世記」    赤と黒    日本近代文学の起源
    | 多読会 | 00:00 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
    ■ 第02回の見開きの冒頭

    たとえば7月7日に発表された川上未映子の新作長編「ヘヴン」。前半は信仰者的で受難者的な信念(意味)を主題に、後半はアンチクリスト的でイエス的な信念(無意味・欲求)を主題に読解できる。西洋文化の源泉の一つである聖書とそこに描かれた信念のかたちは、日本の現代文学にさえも多大な影響を与えており与えうるのである。
    | Arts&Books | 2009/08/05 5:03 PM |

    ◎ 旧約聖書「創世記」/新約聖書「福音書」

    いささか冒涜的ではあるが、旧約聖書はケータイ小説として、新約聖書(特に「マルコによる福音書」)はギャグ漫画として読むと楽しく読める。われわれはテクスト(聖書)をそのコンテクスト(信仰)から切り離して楽しむことができてしまうのである。荒唐無稽な出来事が驚くべき速度で次々に起こる旧約。その時間の流れは神的とも言えるが、ケータイ小説的とも言えるだろう。やりたい放題にボケをかます暴れんぼうイエスの新約。身内の人たちのツッコミ「あの男は気が変になっている」や、ピラトのツッコミ「真理とは何か」の良識に拍手。楽しく読めるにもかかわらず、いや、楽しく読めるがゆえにこそ、聖書はこれからもわれわれの文化に刺激を与えつづけるだろう。最後にまじめな一指摘。旧約と新約とを切り離して読むなら、旧約は0を+にせんとする祝福の、新約は−を0にせんとする赦しの思想を表し、両者が対照的なことに気づく。罪なるものに疚しさを感じだすのはたぶん、新約からでしかない。(イガラシ)
    | Arts&Books | 2009/08/05 5:13 PM |

    ◎ 柄谷行人「日本近代文学の起源」

    無邪気に信じられてきた「近代文学」は、実は専制主義的な権力の一つの形式だった。「近代文学」を支えた「風景」「内面」「告白」「病」「児童」などの制度は、外的な対象を内面的なものと錯覚するという、内的転倒の結果生まれた。また、口語に従属させることで漢字の自立性を剥奪し記号化するという言語的転倒を行った言文一致により、声(内面)をそのまま表現できる新しい文が生じ、制度の産物をそのまま文章に表現することが可能になった。だがそれらの制度が成立するや否や、その制度を形成するために不可欠だった内的・言語的転倒が、別にあり得た多様性を排除したことは忘れられた。「近代文学」が浸透してゆく過程で、それらの転倒の産物を受け入れられず、排除された多様性に憧れ愛着を持ち続けたゆえに周縁部におとしめられた作家たちにとって、「近代文学」は専制主義的なものでしかなかったというように描く柄谷行人は、まさに救済者のようである。(マキ)
    | Arts&Books | 2009/08/06 12:14 AM |

    ○ 「コーラン」

    最初に「コーラン」を読んだ人はその雑多性に少なからず驚くに違いない。旧約聖書との関連で話が進んでいるかと思うと、離婚のときの夫婦間の取り決めのような日常的な話に移行する。「コーラン」の書物としての性格はこういったような点で、ストーリー性の強い物語的な「聖書」に比べ、実用的である。つまり、聖書がその抽象度によって今日の世界宗教の位置に立ったのに対して、コーランはその実生活的な観点から今日まで影響力を持ってきたのである。(コミヤマ)
    | Arts&Books | 2009/08/11 11:44 PM |

    ◎ 「赤と黒」

    舞台は19世紀前半のフランス。主人公ジュリヤン・ソレルは、貧しい生まれながら頭脳明晰で野心家の美青年。立身出世のために手段を選ばぬ覚悟は勇ましいが、若さゆえの脆さと甘さも残る青二才である。そんな彼が大きく成長したのは二人の女性、奉公先の人妻と侯爵令嬢との許されざる恋だった。冷静に半ば打算的に近づくジュリヤンだったが、いつしか恋の熱情に胸を焦がしてゆく。フランス革命以後、それまでの静的な社会が形を崩して流動化する中で、伝統や信仰を失った人々は確固たる支柱を自己の充実に求めようとする。旧習を排して想いを遂げようとするジュリヤンと恋人達、彼らの揺れ動く内面心理の精緻な描写がこの作品の醍醐味だが、そこにはアイデンティティを求めて葛藤する近代人の姿がある。だが同時に、近代において至高とされる理性の揺らぎをも目撃する。確たる自我を誇るジュリヤンが最も輝いたのは、冷静な頭脳による戦略ではなく、どうにも抑えられない恋の衝動だった。(モリワキ)
    | Arts&Books | 2009/08/31 8:47 PM |

    ○ 「緋文字」

    へスタープリンは姦通罪により処罰を受ける。彼女の胸にはその罪を表すAの緋文字が、その意味とは裏腹に艶やかにかがられている。厳粛な視線に曝されながら彼女が引き立てられる処刑台、これはみじめな高みである。罪の結果は彼女を苦しめ、また生かす。罪悪感に苛まれる者にとって罰はむしろ救いである。早々に罰を得た女に対してこれを得られぬ男。しかし罪の感覚を生んだのは何であったろうか。これは清教徒の社会を描いた小説である。(イザワ)
    | Arts&Books | 2009/08/31 8:48 PM |










    http://c.artsbooks.jp/trackback/1268495